[記事公開日]2016/07/24
[最終更新日]2018/06/03

JR名古屋駅から熱田神宮へのアクセスについて紹介します。
行きナビ28熱田神宮へ電車でアクセスする方法は、JR、地下鉄、そして名鉄がありますが、最もオススメなのは、これから説明する、名古屋鉄道(通称、名鉄)を利用する方法です。

他にもこんな行き方があります

地下鉄から正門や西門のルート
熱田神宮へのアクセス|地下鉄の初心者でも迷わず行ける画像!
JRからのルート
熱田神宮へのアクセス|JRの電車での行き方と画像!名古屋駅から

スポンサーリンク

目的地の熱田神宮入り口から道路を挟んで目の前に「名鉄神宮前駅」があり、駅から歩いてすぐ近くなのはやはり、名鉄です。
行きナビ29

アクセスのポイントは、
・JR名古屋駅から名鉄名古屋駅まで歩く。
・名鉄名古屋駅から電車に乗る。
・名鉄神宮前駅で電車から降りる
・熱田神宮まで歩く。
です。

それでは早速出かけましょう。

名鉄名古屋駅まで歩く

JR名古屋駅から名鉄名古屋駅までは、いろんなルートがありますが、その中でも分かりやすいルートを紹介します。
JR名古屋駅の構内を通る、中央コンコースからのルートです。
所要時間は5分程度です。

中央コンコースで進む方向は、まず「桜通口」を目指しましょう。
桜通口まで行ってしまうと、行きすぎなのですが、まずはこの方向です。
注意するのは、新幹線とは逆の方向に進むということです。
行きナビ30

構内にはたくさんの案内看板がぶら下がっていて、その中に名鉄線に行くための案内看板があります。
この看板はJR中央口改札の前にあります。
「名鉄線」と表記されているのが、目指す場所になります。
行きナビ31

桜通口に向かって少し進むと、名鉄線右方向の看板があります。
ポイントは、左手前方に時計台が見えてきます。時計台まで進むと行き過ぎです。
ただ、右方向の通りも比較的大通りなので、見過ごすことはないでしょう。
行きナビ32

右方向の通りです。
この通りを突き進みますが、天井からぶら下がっている看板には、名鉄線が表記されているので案内に沿って進みます。
行きナビ32

しっかり、名鉄線と表記されているので安心です。
行きナビ33

この真っすぐな通りを突き当りまで進むと、名鉄線の案内が左方向に変わります。
行きナビ34

案内通り左方向に進みましょう。

すると右前方に「名鉄名古屋駅」の看板が見えます。
注意する点は、写真にある横断歩道を渡って、看板がある方向に右折してはいけません。
横断歩道を渡って、そのまま直進します。
すぐのところに、名鉄名古屋駅の入り口があります。
行きナビ35

入り口には、右斜め下矢印のこんな看板があります。
行きナビ37

西改札口ですね。そのまま階段を降ります。
行きナビ38

階段を降りたら、改札手前左側が切符売り場です。
券売機が並んでいます。
こちらで切符を買いましょう!
行きナビ39

切符の買い方

駅に着いたらまずは、切符を買います。
これが券売機です。
よく見かける一般的なものですね。
行きナビ40

行き先は、「神宮前駅」です。

料金は、大人230円。

ホームに行く

先ほど買った切符を改札に入れ、改札を通過します。
目指すホームは4番線、知立、豊橋、中部国際空港方面です。
改札すぐの階段を上ったら、4番を見つけます。
行きナビ41

次は階段を下りながら、4番を見つけます。
行きナビ42

この階段を下ると、ホームに到着です。
行きナビ43スポンサーリンク

名鉄名古屋駅から電車に乗る

乗り込む電車の行先は、豊橋、中部国際空港、東岡崎、内海、河和、知多半田、豊川稲荷、鳴海などです。
目的駅の神宮前駅は、どの電車も停止する駅なので、普通電車はもちろん、準急、急行、特急、ミュースカイなんでも止まります。
注意点は、ミュースカイは全席特別席なので、通常運賃+ミューチケット料金が必要になります。

神宮前駅までは電車にもよりますが、2、3駅で、遅くても7分で到着します。

◆早いパターン
行きナビ45

◆遅いパターン
行きナビ44

どちらに乗っても、到着までの時間はあまり変わらず、乗り換えもありません。

神宮前駅で電車を降りる

神宮前駅に到着したら、img_1969改札口に向かう階段を上ります。
行きナビ52

階段を上ると、改札があるので、そのまま出ます。
行きナビ53

正面のコンビニ手前の案内板に「西出口」、「熱田神宮」が表記されています。
左に進みましょう。
行きナビ46

次は、右方向です。
行きナビ47

階段をそのまま降りていきます。
行きナビ48

階段を降りると、左方向に進みます。
行きナビ49

いよいよ駅構外です。
案内通り左に進みましょう。
行きナビ50

左に進んだところに、歩道橋が見えます。
この歩道橋か横断歩道を渡れば、熱田神宮は目の前です。
行きナビ51

今回は、横断歩道から行ってみることにします。
画像の指矢印に沿って、吹き出しの方向に進みましょう。
img_1976

ルート確認

熱田神宮は目の前なのですが、ルートが2つあるので、ここで改めて確認しておきましょう。
2ルートの地図が下の画像です。
赤いピンが並んでいるのが、ルート1です。
青いピンが並んでいるのが、ルート2です。
img_2053

ルート1は、東門を通るルートです。
歴史ある場所なので、ちゃんと鳥居をくぐり、しっかりお清めをし、自らの気持ちも落ち着かせてから参拝できるので、オススメです。
ただし、神宮前駅からは遠くなる方向なので、若干の遠回りをする必要があります。

ルート2は、神宮会館前を通るルートです。
とにかく、神宮前駅からは最も近いので、時間に余裕がない方にオススメです。

ルート1とルート2の時間的な違いは、5~10分程度でしょう。

それでは、それぞれのルートで案内をしていきましょう。

◆ルート1◆東門から

熱田神宮は交通量の多い大通りの向こう側なので、横断歩道を渡りますが、東門は横断歩道を渡って左の方向です。
画像の吹き出しの方向に進みます。
img_1980

画像は、横断歩道を渡り、左に進んだところです。
すぐ目の前に、歩道の切れていて、横断歩道になっていますね。
ここを、右側に入っていきます。
吹き出しの方向ですよ。
img_2064

こんな感じで、右側に行きましょう。
img_2063

すると、東門が見えてきます。
鳥居が大きくて迫力があります。
img_2057

まっすぐ進むと、T字路にさしかかるので、右方向に進みましょう。
img_2059

右方向に進んだ画像です。
この通りを真っ直ぐ進むと、本宮に到着します。
img_2061

◆ルート2◆神宮会館から

ルート1と同じように、横断歩道を渡りますが、そのまま真っすぐ進みます。
画像吹き出しの方向ですね。
img_1980_2

真っすぐ進むと、熱田神宮会館の看板があり、門が構えてありますが、更に進んでいきます。
img_1982

途中にある横断歩道の向こう側に、行き先表示が立っています。
img_1984

本宮は左方向になっているので、左に行きましょう。
img_1985

若干の上り道をしばらく進むと、道路が砂利道に変わってきます。
砂利道に変わったすぐのところで右に進める道があるので、
画像のように進みましょう。
img_1988

右に進むと、神楽殿があります。
神楽殿を正面に見て、左方向に行くと、本宮に到着します。
画像、吹き出しの方向ですね。
img_1989

以上が案内になります。

今回は2ルートの案内をさせてもらいましたが、無事本宮に到着しましたか。
img_1992_2

それでは、楽しい時間をお過ごしください。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください