[記事公開日]2016/08/27

おかげ横丁は、お伊勢参りでにぎわった江戸から明治にかけての風情を再現した町並みです。
おかげ横丁以外にも、隣接するおはらい通りには数多くの店が軒を連ねていて、お伊勢参りに向かう人々の気持ちを盛り上げてくれています。

お伊勢参りには、是非歩いておきたい場所なのです。

ここでは主に、バスでお伊勢参りに行く人に、バスを1つ手前の駅で降りてもらい、おかげ横丁を通って、お伊勢参りをする行き方を案内します。

バスで伊勢神宮内宮に向かう際の最寄りのバス停は、「内宮前」なのですが、このバス停はホントに伊勢神宮の入り口近くで降ろしてもらえるので、バスを降りたらすぐ伊勢神宮に進むことになります。

伊勢神宮だけに行きたい人にはぴったりなバス停ですが、やっぱり風情を感じながら、旅の楽しい思い出を1つ増やしたい人には、「内宮前」より一つ前のバス停で降りておかげ横丁をたのしんでもらいたいです。

スポンサーリンク

伊勢神宮内宮に行くには三重交通が運行しているバスに乗ることになります。

バスはいくつかありますが、主にこんなバスが迎えに来てくれます。

IMG_1302
バスを利用する人の多くは、伊勢市駅、宇治山田駅、五十鈴川駅などの電車から乗り継いでくる人だと思うので、行程としては下の画像のような感じですね。
下の画像は一番行程の長い宇治山田駅からのものですが、それぞれの駅からバスに乗り込み内宮に向かうという行き方です。

画像には五十鈴川駅が載ってませんが、五十鈴川駅から乗り込んだバスも同じです。
ice_screenshot_20160827-091001

どこのバス停から乗っても良いのですが、画像の指矢印にも示している通り、
ポイントは、

「神宮会館前」

で降りることです。

内宮前の一つ前のバス停ですね。

一つ前のバス停で降りることで、おかげ横丁を楽しみながらお伊勢参りができるということです。

それでは、神宮会館前からおかげ横丁までの行き方を見ていきましょう。

まず、この地図が、神宮会館前から伊勢神宮内宮入り口までのコース全体です。

指矢印が2か所あり、その間を緑色の点々が結んでいます。

ice_screenshot_20160827-091332

地図の上側にある矢印が「神宮会館前」のバス停ですね。
実際は、こんな感じです。
IMG_1396

バスを降りたら、目印として道路を挟んで前方にある建物がある方向に進んでいきます。
注意することは、建物側に渡ってはいけません。
なぜなら、ここを左折するからです。

画像の吹き出しの左方向に曲がります。
IMG_1399

宇治中之切町のT字路を左です。
IMG_1400

左に曲がると、見える景色の半分くらい風情がでてます。
画像左の指矢印のネコの置物が目印です。(ちょっと分かりにくいですが。。)
余りに近くてびっくりですが、上の全体地図からも分かるように、ここからおかげ横丁の始まりです。

ただ、あくまでも最終目的地は伊勢神宮内宮入り口なので、引き続き、伊勢神宮方面の案内をします。

吹き出しの方向に真っすぐ進みます。
IMG_1401

スポンサーリンク

しばらくすると、道路がネズミ色の石畳みの交差点にぶつかります。
この道を右方向に向かいます。
吹き出しの方ですね。
IMG_1404

右方向に進んだところです。
あとは、この道を真っすぐ進むだけです。
IMG_1405

町並みを楽しみながら歩いていると、伊勢神宮内宮の入り口の鳥居が見えてきます。
IMG_1310

それでは、伊勢神宮をお楽しみください。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータがどう処理されているか知りたい方はこちらをお読みください