名鉄東岡崎駅から岡崎城へのアクセスについて、電車を降りてから徒歩でのルートを画像で分かりやすく説明します。

JR名古屋駅から名鉄の乗り換えについては、こちらで確認してください。
JR名古屋駅から名鉄名古屋駅への乗り換え|行き方を画像で案内!

名鉄を利用した場合、岡崎城への最寄り駅は、東岡崎駅または岡崎公園駅になります。

岡崎公園駅は普通列車しか停止しないため、電車を待つ時間が多くかかってしまいます。その点、東岡崎駅はどの電車も停止するので、早く行けるメリットがあります。

ポイントは、

・名鉄東岡崎駅を降りる。
・岡崎城まで歩く。

それでは、早速行きましょう。

スポンサーリンク

名鉄東岡崎駅を降りる

IMG_0553

東岡崎駅のホームに降りたら、出口案内のある、階段から下に降ります。
改札は2か所あります。東改札口と中央改札口です。
東改札口は岡崎城から遠い方向なので、オススメではありません。
でも、エレベータを利用する場合は、東改札口の利用になります。

今回は中央改札口を通っていきます。
IMG_0561

階段を下に降りて、出口方向に進みましょう。

出口の案内看板のすぐ近くに改札があります。
IMG_0576

改札を出たすぐ先に黒い行き先看板がぶら下がっているので確認しましょう。
IMG_0580

スポンサーリンク

岡崎城まで歩く

北出口が岡崎城へ向かう出口になります。
右方向ですね。IMG_0583

右に進むと、すぐに階段が待ち構えています。
階段を上った先に、案内看板があるので確認します。
IMG_0589

左方向がタクシー乗り場になっています。岡崎城も同じ方向なので、左に進みます。
構内を左に進むのも良いですが、目の前の出口から構外に出てみます。
IMG_0593

タクシー乗り場と東岡崎駅前です。
IMG_0596

左方向はこんな感じです。
写真右側の吹き出しのあたりに向かって進みましょう。IMG_0597

横断歩道が見えてきます。
横断歩道を渡って左方向に進みます。
画像の左側の吹き出しのある方向に行きましょう。
IMG_0601

先ほどの横断歩道を渡ったところの道です。
ここを真っすぐ進みます。
IMG_0604しばらく進むと、左手に歩道橋がある交差点にでます。

画像には写っていませんが、右手にも歩道橋はあります。
ここを右に曲がります。写真矢印の方向です。
IMG_0608

交差点の名前は、「明大寺本町」ですね。
IMG_0611

右に進んだところの画像です。
右側にコンビニの看板を確認しながら、写真奥の信号機目指して進みます。
IMG_0614

目指す信号機は「殿橋南」です。
IMG_0625

殿橋南で、向こう側の歩道に移動したいので、写真吹き出しのように横断歩道を渡りましょう。
IMG_0623

横断歩道を2か所渡ったところに、こんな案内地図があるので、今いる位置を確認してください。
IMG_0630

橋を渡ります。
IMG_0631

橋を渡りきったら左方向に進みます。
画像吹き出しの方向です。
IMG_0633

橋を渡る途中には、岡崎城を確認できます。
IMG_0639

橋を渡ったところが「殿橋北」の交差点なので、先ほどの通り、左方向に進みましょう。
横断歩道は、渡っても渡らなくてもどちらでもよいです。
IMG_0642

画像は、横断歩道渡らないバージョンですね。
この道を真っすぐ進んでいきましょう。
IMG_0643

3分ほど歩くと、左側に河川敷に降りる下り坂が見えてきます。
その右側に「お手洗」と書いてある小さい看板が、あります。
画像の吹き出しのところに隠れています。
IMG_0652

こんな感じです。気づきにくいので注意してみてください。
「お手洗」に向かって進んでください。
IMG_0653

この道が、岡崎城に続く道になります。
画像吹き出しの方に進みましょう。
IMG_0658

真っすぐ進みます。
IMG_0662

しばらく歩くと、右側木々の向こうに赤い橋が見えてきます。
IMG_0673

この橋を渡りましょう。
橋を渡ると、右方向、左方向に分かれる道があります。
吹き出しのある右方向に進むと、
IMG_0681

階段の道があります。
IMG_0684

階段を上ると、岡崎城です。
IMG_0690

左方向に進むと、
IMG_0710

階段ではない道があります。
吹き出しの方向に進みましょう。
IMG_0707

そうするとT字路に出るので、右に進みます。
IMG_0703

上り坂を上ると、
IMG_0697

岡崎城です。
IMG_0693

それでは楽しい時間をお過ごしください。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータがどう処理されているか知りたい方はこちらをお読みください