[記事公開日]2017/06/19
[最終更新日]2017/09/15

JR東京駅の改札内にある待ち合わせ場所で有名な銀の鈴広場(銀の鈴待ち合わせ場所)までの場所と行き方をより分かりやすくなるようにたっぷり画像を使って紹介していきます。

銀の鈴広場は開業当初地上1階の東海道新幹線のりかえ口前にあったのですが、1994年の長野新幹線の乗り入れの整備に伴い、現在の地下1階に移転しました。

移転先は地下1階ということも有り、ちょっと場所が分かりにくくなってしまいました。

迷わずスムーズにたどり着くには「銀の鈴待ち合わせ場所」と書かれた案内看板が通路に掲示されているので、こういった表示を頼りに進めばうまくたどり着けるでしょう。

とは言え、「銀の鈴待ち合わせ場所」と書かれたこの案内看板が、いたる所にあるわけではなく、探すのも結構大変だと思うので、あらかじめどこに看板があるのか確認しておくのが良さそうです。

このページでは、看板の表記も画像で紹介しながら見ていこうと思います。

それでは、まず銀の鈴広場がどこにあるのか地図で見ておきます。

スポンサーリンク

銀の鈴広場がある場所

銀の鈴広場は地下1階にあると書きましたが、下の地図の赤丸の部分です。出典:https://www.jreast.co.jp/

地下1階の地図を見てもちょっとピンとこない感じです。

地上1階の地図に置き換えて見ると、青丸の位置の1階下に銀の鈴広場があるということになります。
JR東海新幹線の中央のりかえ口付近ですね。
だいたいの位置のイメージ付きましたか?

地上1階で銀の鈴広場に近い改札は、
●JR東海新幹線 中央のりかえ口
●JR東日本新幹線 北のりかえ口
●JR在来線 中央通路
ということになります。

もう一度地図で見るとこんな感じです。
それでは、ホームから赤丸の場所の行き方をそれぞれ見ていきましょう。

JR東海新幹線
ホームから中央のりかえ口まで

東京駅、銀の鈴東京駅のホームに降りると、のりかえ口に向かう下り階段があります。
階段手前に案内看板があるので、まずここを確認しましょう。
東京駅、JR東海新幹線、ホーム中央のりかえ口に行くにはこの看板に八重洲北口または八重洲中央北口と書かれている階段を選びます。

JR東海新幹線は案内看板に「中央のりかえ口」とは書かれていないので注意しましょう。

見つかったら、階段を下っていきます。
案内に従って進むと中央のりかえ口に到着します。

JR東日本新幹線
ホームから北のりかえ口まで

東京駅、駅名、看板
東京駅のホームに降りるとのりかえ口に向かう下り階段があります。
階段手前に案内看板があるので、まずここを確認しましょう。
JR東日本新幹線、ホーム、看板

北のりかえ口に行くにはこの看板に北のりかえ口と書かれている階段を選びます。
JR東日本新幹線、ホーム、看板

見つかったら、階段を下っていきます。

案内に従って進むと北のりかえ口に到着です。

JR在来線
ホームから中央通路まで

東京駅、在来線、ホーム、駅名看板
東京駅のホームに降りると中央通路に向かう下り階段があります。
階段手前に案内看板があるので、まずここを確認しましょう。
東京駅、在来線、ホーム、中央口階段

中央通路に行くにはこの看板に○○中央口と書かれている階段を選びます。
東京駅、在来線、ホーム、案内看板見つかったら、階段を下っていきます。

階段を下りたところが中央通路です。

スポンサーリンク

地上1階から地下1階につながる階段の場所と行き方

ここまで、電車を下りてから銀の鈴に近い地上1階のエリアまで進んで来ました。

半分忘れかけていると思いますが、銀の鈴広場は地下1階にあります。
地上1階から地下1階に向かうために階段やエスカレーターを利用しましょう。

階段やエスカレーターがある場所は下の地図の赤丸の部分です。
新幹線ののりかえ口を利用する人は、地図上の赤丸の階段(エスカレーター)から行くのがよいでしょう。

在来線を利用する人は地図下の赤丸の階段(エスカレーター)からですね。

まずは、上側の赤丸の階段を利用する、JR東海新幹線とJR東日本新幹線からの行き方を見ていきます。

上の赤丸ルート
JR東海新幹線中央のりかえ口から地下階段まで

東京駅八重洲中央口改札に近い場所にあるJR東海新幹線中央のりかえ口からは、のりかえ口を出てからぐるりと右から回り込むように進んでいきます。

のりかえ口を出たら、案内看板があるところまで進みましょう。東京駅、東海道新幹線、中央のりかえ口
下の画像が案内看板の拡大ですが、銀の鈴待ち合わせ場所の表示はありません。
なので、とりあえず丸の内中央口方向に進みましょう。
東京駅、東海道新幹線、中央のりかえ口丸の内中央口は右折です。
東京駅、東海道新幹線、中央のりかえ口右折したところすぐにまた案内看板があります。
この看板は見落とし厳禁です!
東京駅、中央通路、案内看板数少ない銀の鈴待ち合わせ場所の案内が表記されてあるからです。
東京駅、中央通路、案内看板看板の表記矢印で言うと、右斜め下に進みましょう。
Uターンみたいな感じでしょうか。

右に回ったところに、また案内看板があります。
この看板には大きくしっかりと銀の鈴待ち合わせ場所が表記されています。
東京駅、中央通路更に右に回ると地下1階に下りる階段があります。
東京駅、中央通路、銀の鈴、階段
上の画像指矢印のところに銀の鈴待ち合わせ場所と表記されているのでチェックです。
東京駅、中央通路、銀の鈴、案内地下に下りる階段まで来たので、ここで少々待っていてください。

 

上の赤丸ルート
JR東日本新幹線北のりかえ口から地下階段まで

JR東日本新幹線北のりかえ口から地下階段までは、北のりかえ口を左側に回り込むように進んでいきます。

地図で見るとこんな感じです。

JR東日本新幹線北のりかえ口を出たところに案内看板が数ヵ所設置されています。
下の画像の指矢印のような感じです。
東京駅、東北新幹線、北のりかえ口看板向かって左側に八重洲中央口の表記があるので、そちらに向かって進んでいきます。
東京駅、北乗り換え口、案内看板左方向ですね。
東京駅、東北新幹線、北のりかえ口
左に進んだところに数段の階段があるので下りてしまいましょう。
下りたところにまた案内看板がありますね。
指矢印のところです。
東京駅、北乗り換え口、案内看板
階段を下りたところの看板です。
八重洲中央口は左上方向になっていますが、なるべくそのまま左に進みましょう。
東京駅、北乗り換え口、案内看板
そうすると、銀の鈴待ち合わせ場所の看板がみえやすいです。
正面が地下につながる階段です。
JR東京駅、中央通路、銀の鈴階段ここまでで、2つの場所から地下階段前に集合してきたので、ここで一旦まとめてみましょう。

上の赤丸ルート
ここまでの一旦まとめ

ここまで、JR東海新幹線の中央のりかえ口とJR東日本新幹線の北のりかえ口から地下階段前までのルートを紹介しました。
上の地図の感じです。

ここからは、階段を下りて銀の鈴広場まで行きます。

スポンサーリンク

上の赤丸ルート
地下階段から銀の鈴まで

地下階段を下りると正面に八重洲地下中央口改札があります。
もちろんこの改札は出ません。
ぐるりとUターンしましょう。
その先が銀の鈴広場です。

地図で確認するとこんな感じです。
意外に近くにありましたね。

それでは、画像で紹介していきます。
階段を下りていると、
東京駅、中央通路、銀の鈴、階段
階段の途中の柱に銀の鈴までのルートが書かれた張り紙もあります。
JR東京駅、地下階段、銀の鈴階段
階段を下りたところの案内看板にある、銀の鈴待ち合わせ場所の表記が左下になっています。
Uターンしましょう。
下の画像正面奥に見える八重洲地下中央口改札は出ないので注意してください。
JR東京駅、地下階段、銀の鈴階段

360°画像で見るとこんな感じです。

Post from RICOH THETA. – Spherical Image – RICOH THETA

Uターンするように進むと、銀の鈴が見えてきます。
JR東京駅、地下通路、銀の鈴もう少し進むと、銀の鈴広場に到着です。
JR東京駅、銀の鈴広場の奥には長椅子も準備されているので、座って待つこともできるようになっています。

スポンサーリンク

次に、下側の赤丸の階段を利用する、JR在来線 中央通路からの行き方を見ていきます。

 

下の赤丸ルート
JR在来線 中央通路から地下階段銀まで

JR東京駅、銀の鈴、階段
冒頭にJR在来線ホームから中央通路に下りるためのルートを紹介しましたが、ここでは、銀の鈴広場につながる地下階段までのルートを紹介します。

と言いたいところですが、在来線のホームは1番線から10番線まであります。
このため、スタート地点が広範囲になり説明が複雑になっていくため割愛します。

ということで、地下階段がある山手線の4番線と5番線の間に各自集合しましょう。
集合地点はまさに上の画像のところです。

地図で見るとこんな感じです。
4番線と5番線の方向は、ホームから下りる階段にある案内看板に表記されています。
JR東京駅、在来線、階段※下りる階段によって矢印の方向が違うので注意しましょう。

下の赤丸ルート
JR在来線 地下階段から銀の鈴広場まで

続いて、地下階段から銀の鈴広場までのルートを紹介していきます。

地下階段を下りると地下中央通路と合流します。
地下中央通路途中にある交差点をそのまま真っすぐ通過し銀の鈴広場に到着します。


地下階段を下りたところです。
画像正面に見えるのが、地下中央通路です。
八重洲地下中央口方向に進みます。
JR東京駅、銀の鈴、地下中央通路八重洲地下中央口方向に進むと交差点に差し掛かります。
そのまま真っすぐ進みましょう。
ここにある案内看板には銀の鈴待ち合わせ場所の表示があります。
JR東京駅、銀の鈴、地下中央通路表示の拡大です。
銀の鈴待ち合わせ場所は真っすぐと表記されていますね。

360°画像で見るとこんな感じです。

Post from RICOH THETA. – Spherical Image – RICOH THETA

交差点を通過すると、銀の鈴広場に到着です。
JR東京駅、銀の鈴先ほど紹介した、上の赤丸とは反対方向からのアプローチでした。

スポンサーリンク

下の赤丸ルート
JR在来線 エスカレーターから銀の鈴広場まで

JR在来線から銀の鈴広場に行くもうひとつの行き方として、5番線と6番線のホームから下りてくる階段下にエスカレーターがあります。
このエスカレーターは横から見るとエスカレーターっぽくないので気づきにくいかもしれません。
これがそのエスカレーターです。
JR東京駅、中央通路、エスカレーター
エスカレーターはこんな感じで下ってきます。
JR東京駅、銀の鈴、地下中央通路
エスカレーターを下って銀の鈴方向に行くルートを横からみるとこんな感じです。
JR東京駅、銀の鈴、地下中央通路エスカレーターで下ると、階段ルートで紹介した交差点のところに下りてきます。
交差点を真っすぐ進むところからは同じなので、先に紹介した階段ルートを参考にしてみてください。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータがどう処理されているか知りたい方はこちらをお読みください