[記事公開日]2017/01/07

岐阜県白川郷は世界遺産にも登録されている「合掌造り集落」がある観光地です。
世界遺産とともに温泉観光地でも有名で、特に冬の季節は集落ライトアップにより温泉と雪・世界遺産の街並が相まって非常に風情を感じることができるでしょう。
山と川、自然・古民家など日本の伝統歴史がぎゅっと詰まった白川郷は全国から幅広い世代の人々が訪れる人気の観光地です。
是非訪れる機会を作っていただき、日本の歴史を肌で感じていただきゆっくりとしてほしいところです。

スポンサーリンク

名古屋から白川郷の地図

出発地のJR東京駅から、目的地の東京タワーの位置関係を地図で確認しましょう。

地図にある、赤い目印が出発地、緑の目印が目的地です。

その他の色が、後ほど紹介するそれぞれのルートのポイント地点になっています。

「人」アイコンが最寄り駅、「エスカレータ」アイコンが乗り換え地点です。

名古屋から白川郷へのアクセス

◆バスのみルート◆
JR名古屋駅(出発地)

⇩ 徒歩5分

名鉄バスセンター3階7番乗り場
岐阜バス高速白川郷線
※1日2往復

⇩ 乗車2時間50分
⇩ 3,600円

白川郷バスターミナル(下車)

⇩ 徒歩5分

岐阜白川郷(目的地)

合計運賃:3,600円
総移動時間:2時間55分

乗り換えがなく、バス一本で行けるルートのため便利で気軽に使えるルートになります。
だだし、直通のバスは1日に2本しかないため時間に注意が必要です。
バスの座席は予約制となり、事前に確保する必要があります。

◆JR特急+バスルート◆
JR名古屋駅(出発地)
(ワイドビュー)特急ひだ83号「高山」行

⇩ 乗車2時間34分
⇩ 運賃3,350円・指定席2,880円

JR高山駅(下車)

⇩ 乗り換え
⇩ 徒歩2分

高山濃飛バスセンター(乗車)

⇩ 乗車50分
⇩ 2,470円

白川郷バスターミナル(下車)

⇩ 徒歩5分

岐阜白川郷(目的地)

合計運賃:8,700円
総移動時間:3時間26分

JR特急+バスとなると費用が高額になることと移動時間もバスのみよりかかってしまいます。
ですが、高山濃飛バスセンターから白川郷へのバスは1日に何本も出ているため、高山駅付近で観光をしてから白川郷に行きたい方にはオススメのルートとなります。

まとめ

名古屋駅から白川郷に最短で行きたい方はバスのみのルートがおすすめです。
乗り換えもなく、直通のためスムーズな移動をすることができます。
JR+バスのルートは、下車途中で観光をしたい方におすすめです。
ただし、移動費用が高額になってしまいますので、その点は注意が必要です。
どちらのルートもおすすめですので、ご自分の旅行計画や目的に合ったルートを選択してください。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータがどう処理されているか知りたい方はこちらをお読みください