[記事公開日]2016/11/20

新大阪駅から大阪城ホールにJR、電車、地下鉄でアクセスするルートを紹介します。

「大阪城ホール」の略称で親しまれている、大阪城国際文化スポーツホールは、1983年大阪城公園に、「大阪築城400年まつり」のメインイベント会場として建設された、楕円形ドーム屋根の多目的アリーナです。

大阪城公園内ということで、周囲の風景に溶け込むように、大阪城の石垣と同じ花崗岩を使うなど、「自然と調和した建築美」を特徴としています。

16000人収容可能なアリーナホールと500人収容の体育館スタイルのサブホールからなるホールでは、コンサート、芸能、スポーツ、展示会、式典、など様々なイベントが行われています。

大阪城ホールで、楽しいイベントを満喫しましょう。

スポンサーリンク

まずは、出発地の新大阪駅から、目的地の大阪城ホールの位置関係を地図で確認しましょう。

地図にある、赤い目印が出発地、緑の目印が目的地、その他の色が、後ほど紹介するそれぞれのルートのポイント地点になっています。

新大阪駅から大阪城ホールにJR、電車、地下鉄でアクセスする2ルート

◆JRのみ乗り換えルート◆
JR新大阪駅(出発地/乗り換え)
JR東海道線または山陽本線
「大阪方面」行き

⇩ 乗車4分(1駅)

JR大阪駅(乗り換え)

⇩ 徒歩2分

JR大阪環状線外回り
(各駅停車でも快速でも可)
2番線

⇩ 乗車9~10分(4駅)
⇩ 運賃180円

JR大阪城公園駅(下車)

⇩ 徒歩5分(500メートル)

大坂城ホール(目的地)

合計運賃:180円
総移動時間:23~24分

一番一般的な普通のルートです。

最短時間で目的地に到着でき、料金も最安です。駅構内での移動時間も含めた歩く総距離も他のルートと変わりませんので、他のルートで行く別の目的やメリットがない限りは、こちらがおすすめです。

スポンサーリンク

◆地下鉄を乗り継ぐルート◆
JR新大阪駅(出発地)
地下鉄御堂筋線
各駅停車・「天王寺」行き(1番))

⇩ 乗車14分(6駅)

心斎橋駅(乗り換え)

⇩ 徒歩1分

長堀鶴見緑地線
各駅停車・「門真南」行き

⇩ 乗車12分(6駅)

大阪ビジネスパーク駅(下車)

⇩ 徒歩6分(550メートル)

大坂城ホール(目的地)

合計運賃:280円
総移動時間:34分

時間も料金もJRルートに比べてよけいにかかるので特におすすめはしませんが、目的地への到着時間が大幅に早くなり過ぎそうな見込みで、JRルートは既に知っているという観光客の方の場合は、初めて乗る電車から見知らぬ大阪の風景を見られるのもまたよいでしょう。

心斎橋で乗り換えのために下車するルートとなっていますので、余った時間は心斎橋の街を歩いてみることにも使うのもいいですね。

まとめ

ごく普通に考えたらJR乗り換えルートを使うのが一般的で、地元の人であれば他のルートを使うということは思いもよらないのではないかと思います。

それほどJR乗り換えルートの方が、時間も料金もお得です。地下鉄周遊切符のような、特に私鉄がお得になるような切符をお持ちの方で、時間に余裕のある方なら、話の種に御堂筋線から長堀鶴見緑地線に一度乗ってみるのもまた一興かもしれませんね。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータがどう処理されているか知りたい方はこちらをお読みください