京セラドームでは、アーティストのコンサートやプロ野球の試合など様々なイベントが行われており新幹線を利用して京セラドームまで足を運んで来られる方が多いと思います。

ここでは、新大阪駅から京セラドームに新幹線新大阪駅から電車、地下鉄でアクセスするルートを紹介します。

スポンサーリンク

まずは、出発地の新大阪駅から、目的地の京セラドームの位置関係を地図で確認しましょう。

地図にある、赤い目印が出発地、緑の目印が目的地、その他の色が、後ほど紹介するそれぞれのルートのポイント地点になっています。

新大阪駅から京セラドームに新幹線新大阪駅から電車、地下鉄でアクセスするルート

◆地下鉄ルート1◆
JR新大阪駅(出発地/乗り換え)

⇩ 徒歩 3分

大阪市営地下鉄御堂筋線新大阪駅
「なかもず」行

⇩ 乗車13分

大阪市営地下鉄御堂筋線心斎橋駅(乗り換え)

⇩ 徒歩4分

大阪市営地下鉄長堀鶴見緑地線心斎橋駅
「大正」行

⇩ 乗車5分 

大阪市営地下鉄長堀鶴見緑地線ドーム前千代崎駅(下車)

⇩ 徒歩6分

京セラドーム大阪(目的地)

合計運賃:280円
総移動時間:31分

地方から新幹線で遠征された方であれば最もメジャーなルートとも言えるでしょう。

地下鉄で行くために心斎橋駅での長堀鶴見緑地線への乗り換えには少し歩かないといけませんが、途中下車で一度心斎橋駅で降りて観光することも出来るのでとてもオススメとルートです。

◆JR線ルート1◆
JR新大阪駅(出発地/乗り換え)

⇩  徒歩2分

JR京都線 
新快速「姫路」行

⇩ 乗車4分

JR大阪駅(乗り換え)

⇩ 徒歩2分

JR大阪環状線・内回り 
弁天町天王寺方面

⇩乗車14分

大正駅(下車)

⇩ 徒歩10分

京セラドーム大阪 (目的地)

合計運賃:220円
総移動時間:22分

こちらのルートは大阪に住んでいおられる人であればよく利用するルートです。

お値段も安く環状線に乗っていれば着くためにゆったりと行くことができます。

また途中で大阪駅下車も可能ですし観光客の方にもオススメです。欠点を挙げるとすれば駅から遠いことぐらいです。

◆地下鉄ルート2◆
JR新大阪駅(出発地/乗り換え)

⇩ 徒歩3分

大阪市営地下鉄御堂筋線新大阪駅
「なかもず」行

⇩ 乗車11分

大阪市営地下鉄御堂筋線本町駅(乗り換え)

⇩ 徒歩4分

大阪市営地下鉄中央線本町駅
「コスモスクエア」行

⇩ 乗車4分 

大阪市営地下鉄中央線九条駅(下車)

⇩ 徒歩12分

京セラドーム大阪(目的地)

合計運賃:280円
総移動時間:35分

はじめに紹介したルートとは違う行き方の地下鉄ルートになります。

運賃も高くなることと、少し駅からの距離が遠いためにあまりメジャーなルートとも言えないでしょう。

少し変わったところを歩いてみたいと言った方がおられればオススメします。

スポンサーリンク

◆地下鉄+阪神電車乗り継ぎルート◆
JR新大阪駅(出発地/乗り換え)

⇩ 徒歩 3分

大阪市営地下鉄御堂筋線 新大阪駅
「なかもず」行

⇩ 乗車 11分

大阪市営地下鉄御堂筋線 本町駅(乗り換え)

⇩ 徒歩4分

大阪市営地下鉄中央線 本町駅
「コスモスクエア」行

⇩ 乗車4分 

大阪市営地下鉄 中央線 九条駅(乗り換え)

⇩ 徒歩2分

阪神難波線区間準急 近鉄奈良行

⇩ 乗車1分

ドーム前駅(下車)

⇩ 徒歩5分

京セラドーム大阪 (目的地)

合計運賃:480円
総移動時間:35分

先ほどの地下鉄ルート2の九条駅で下車してから歩かずに阪神電車に乗るといったルートです。

阪神電車で着いたら京セラドームがほぼ目の前と歩く距離が少ないといった点では歩くのがあまり好きでない方にはおすすめできるルートになっております。

まとめ

新幹線の新大阪駅から京セラドーム大阪まで行くルートは様々ありますが所要時間的もかかる交通費についても大体どれも同じくらいでしょう。

JRを使ったルートか地下鉄ルートの心斎橋で降りるルートが最もメジャーなルートであると思います。

なぜなら途中の乗り換えの駅で大阪駅や心斎橋駅など観光客の方にはとっても適している観光スポットが多くある駅があるからです。

ドームにすぐに行かなくてもそちらで観光を楽しまれていくのもまた楽しいとは思いますので。

また、駅からの道がわからなくても同じ方向に行かれる方が多いために道の心配はいらないとは思います。

ぜひこれらのルートを利用して京セラドーム大阪でのコンサートや野球観戦などのイベントをたのしんでもらいたいですね。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です