新大阪駅駅から住吉大社に地下鉄、路面電車でアクセスするルートを紹介します。

「住吉大神」と総称され海の神が祀られる住吉大社は、全国に約2300社ある住吉神社の総本社という権威ある場所です。また、下関の住吉神社、博多の住吉神社とともに「日本三大住吉」の一社として知られています。

初詣の参拝者は240万人に迫り、その数の多さは全国的にも有名です。

人々に愛される住吉大社に是非一度訪れてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

まずは、出発地の新大阪駅から、目的地の住吉大社の位置関係を地図で確認しましょう。

地図にある、赤い目印が出発地、緑の目印が目的地、その他の色が、後ほど紹介するそれぞれのルートのポイント地点になっています。

◆地下鉄+南海本線ルート◆
JR新大阪駅

⇩ 徒歩3分

地下鉄御堂筋線新大阪駅
「なかもず」行

⇩ 乗車14分
⇩ 運賃280円

地下鉄御堂筋線なんば駅(乗り換え)

⇩ 徒歩6分

南海本線難波駅
「和歌山市」行

⇩ 乗車9分
⇩ 運賃210円

住吉大社駅(下車)

⇩ 徒歩5分

住吉大社

合計運賃:490円
総移動時間:37分

新大阪駅から地下鉄御堂筋線に乗車し、南海本線へ乗り換えるルートです。

乗り換えが1度で済みます。

難波駅の乗り換えですが、地下鉄から南海電車へ乗り換える際、商業施設の中を通ることもでき、華やかで楽しいルートとなります。

また、住吉大社駅から住吉大社も臨むことができ、比較的わかりやすいルートです。

スポンサーリンク

◆地下鉄+阪堺電車ルート◆
JR新大阪駅(出発地/乗り換え)

⇩ 徒歩3分

地下鉄御堂筋線新大阪駅
「なかもず」行

⇩ 乗車21分
⇩ 運賃280円

天王寺駅(乗り換え)

⇩ 徒歩4分

阪堺電軌上町線天王寺駅
「浜寺駅前」行

⇩ 乗車16分
⇩ 運賃210円

住吉鳥居前駅

⇩ 徒歩3分

住吉大社

合計運賃:490円
総移動時間:48分

地下鉄御堂筋線で天王寺駅まで出てから、阪堺電車で住吉大社まで行くルートです。

このルートですが、阪堺電車が大阪ではいわゆるチンチン電車と呼ばれる路面電車となります。

天王寺駅は、この阪堺電車の他に、地下鉄以外だと、JR、近鉄電車も乗り換えが出来る大きな駅のため、初めて訪れる方にとっては、乗り換えが少し難しいかもしれません。

また、阪堺電車が、事前に切符などを買って乗車出来る路線ではなく、降車の際に料金を払うシステムとなっており、初めて乗る際には、少し戸惑う場面もあるかもしれません。

住吉鳥居前に着くと、目の前が住吉大社という路線で、大阪の下町をゆっくり楽しみながら走るという点では、初めての観光の際、楽しい路線となるでしょう。

まとめ

今回は、新大阪駅から地下鉄御堂筋線を使って南海電車に乗り換えるルートと、地下鉄御堂筋線を使って阪堺電車に乗り換えるルートを紹介しました。

一番スムーズに乗り換えもわかりやすく着くルートは前者ですが、大阪の下町気分を味わうのならば、乗り換えが少し煩雑かもしれませんが、後者のルートがオススメです。

他に、JR新大阪駅から大阪駅に出て、大阪環状線に乗り、新今宮駅で南海電車に乗り換えるルートと、新今宮駅から阪堺電車に乗り換えるルートがありますが、乗り換える回数が増えることと、大阪環状線の乗り換えが初めて大阪にいらっしゃった方には少し難しいことから除外しています。

新大阪駅から地下鉄に乗り換える際も、売店で大阪土産が売っていたり、大阪名物が食べることができるお店があったり、楽しめると思います。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータがどう処理されているか知りたい方はこちらをお読みください