[記事公開日]2016/11/10

新大阪駅からフェスティバルホールに地下鉄、電車でアクセスするルートを紹介します。

芸術性の高い国際的な音楽祭を開催出来るホールを大阪に建設したい。ということで建てられたフェスティバルホールは、2012年から2代目の建物が活躍をしています。

さまざまなジャンルの音楽祭が開催されているこのホールに訪れる人も多いのではないでしょうか。

スポンサーリンク

まずは、出発地の新大阪駅から、目的地のフェスティバルホールの位置関係を地図で確認しましょう。

地図にある、赤い目印が出発地、緑の目印が目的地、その他の色が、後ほど紹介するそれぞれのルートのポイント地点になっています。

新大坂駅からフェスティバルホールへの行き方

◆地下鉄1本ルート◆
JR新大阪駅中央改札口

⇩ 徒歩3分

地下鉄御堂筋線新大阪駅
「なかもず」「天王寺」行

⇩ 乗車9分
⇩ 運賃240円

淀屋橋駅(下車)
7番出口

⇩ 徒歩5分

フェスティバルホール(目的地)

合計運賃:240円
総移動時間:17分

新大阪駅から御堂筋線1本だけに乗ってフェスティバルホールへ行くルートです。

川のすぐ近くの道は、春と秋には薔薇が咲いているので、よい香りが漂っていて、雰囲気がとても良いです。
またビジネスマンが多く、大阪のビジネス街の雰囲気も味わえます。

◆地下鉄乗り換えルート◆
JR新大阪駅中央改札口(出発地/乗り換え)

⇩ 徒歩3分

地下鉄御堂筋線新大阪駅
「なかもず」「天王寺」行

⇩ 乗車6分
⇩ 運賃240円

梅田駅(乗り換え)

⇩ 徒歩5分

大阪市営四つ橋線西梅田駅
「住之江公園」行

⇩   乗車1分

肥後橋駅(下車)

⇩   徒歩2分

フェスティバルホール(目的地)

合計運賃:240円
総移動時間:17分

フェスティバルホールに最も近い駅に到着するので、下車してからの徒歩時間も2分とかなり短く楽なルートです。
ただし、乗り換えがあるため、電車の待ち時間と乗り換えの歩行時間が発生します。

乗り換えに時間を使い、最寄り駅に着いてからの徒歩時間を少なくするか、乗り換えせず、最寄り駅に着いてから少しだけ多く歩くか迷うところですが、違いは大きくなさそうです。

まとめ

一番のオススメは、地下鉄御堂筋線で1本でいき、歩いてフェスティバルホールへ行くルートです。

地下鉄御堂筋線に乗る際は、なるべく江坂方面寄りの車両に乗車した方が、淀屋橋駅から歩く距離のロスも少なくすみます。

歩いている途中には、カフェを併設しているところもあり、ビジネス街の雰囲気をのんびり楽しむこともできるでしょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータがどう処理されているか知りたい方はこちらをお読みください