[記事公開日]2016/11/12

新大阪駅からヤンマースタジアム長居に電車で最寄り駅まで行き、徒歩でアクセスするルートを紹介します。

2019年まで「ヤンマースタジアム長居」と命名されるこの競技場では、サッカーや陸上競技などのスポーツ大会を始め、ミュージックコンサートなど多くの催し物が開催され賑わっています。

新大阪駅からは、南方向に距離にして南におよそ16kmの近さなので、アクセスも比較的楽でしょう。

スポンサーリンク

まずは、出発地の新大阪駅から、目的地のヤンマースタジアム長居の位置関係を地図で確認しましょう。

地図にある、赤い目印が出発地、緑の目印が目的地、その他の色が、後ほど紹介するそれぞれのルートのポイント地点になっています。

ヤンマースタジアム長居へアクセスする2ルート

◆地下鉄1本ルート◆
JR新大阪駅中央改札口(出発地/乗り換え)

⇩ 徒歩3分

地下鉄御堂筋線新大阪駅
「なかもず」行

⇩ 乗車30分
⇩ 運賃320円

長居駅(下車)

⇩ 徒歩6分

ヤンマースタジアム長居(目的地)

合計運賃:320円
総移動時間:39分

大阪市営御堂筋線1本で行くルートです。
1度地下鉄に乗れば、そのまま目的地に着くことが可能な一番楽なルートです。
駅から、ヤンマースタジアム長居までの道もわかりやすく初心者でも行きやすくオススメです。

スポンサーリンク

◆JR乗り継ぎルート◆
JR新大阪駅(出発地/乗り換え)
JR京都線
「新三田」行

⇩ 乗車4分

JR大阪駅(乗り換え)

⇩ 徒歩4分

JR大阪環状線
「西九条」方面

⇩ 乗車21分

天王寺駅(乗り換え)

⇩ 徒歩

JR阪和線
「日根野」行

⇩ 乗車7分
⇩ 運賃300円

鶴ヶ丘駅

⇩ 徒歩6分

ヤンマースタジアム長居(目的地)

合計運賃:300円
総移動時間:42分

すべてJRの路線を乗り換えて行くルートです。
私鉄や地下鉄に乗り換えることがないため、同じJR構内での移動となり、初めて大阪に訪れた方でもスムーズに乗り換えが可能かと思います。

また、新幹線切符が大阪市内まで乗り継げるものであれば、無料でヤンマースタジアム長居まで行けることもこのルートの魅力です。

1つ先のJR阪和線長居駅で降車するよりも、道が混んでおらず、わかりやすいのでこの鶴ヶ丘駅降車をオススメします。

まとめ

ヤンマースタジアム長居までのルートですが、一番わかりやすく楽に行けるのは地下鉄御堂筋線1本で行くルートです。

時間がかかっても、料金を安く済ませたいのであれば、JRを乗り継ぐルートがオススメです。

また、地下鉄のルートだとずっと地下で各駅停車のため、大阪を観光がてら景色を楽しみながらのんびり行くのであれば、JRを乗り継ぐルートがオススメです。

大阪環状線も西九条まわりのため、USJへ向かうラッピング電車を見ることが出来たり、京セラドームをのぞめたりするのは、JRコースならではの楽しみでしょう。

最寄り駅からヤンマースタジアム長居までの道は、大きな公園の中を通っていくため、わかりやすいです。

大阪庶民の町といった風情も感じられることでしょう。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください