[記事公開日]2016/11/08

新大阪駅からインテックス大阪の最寄り駅に電車を利用した行き方を紹介します。

インテックス大阪と言う愛称で親しまれている「大阪国際見本市会場」は、展示会場として国内第3位の延床面積を誇っています。

大阪オートメッセや中小企業総合展など、多種多様な催し物の開催場所になっています。

新大阪からは少々離れているため、電車でのアクセスも乗り換えが多く発生してしまいます。
事前にルートを確認して迷うことが無いように準備しておくのがよいでしょう。

スポンサーリンク

まずは、出発地の新大阪駅から、目的地のインテックス大阪の位置関係を地図で確認しましょう。

地図にある、赤い目印が出発地、緑の目印が目的地、その他の色が、後ほど紹介するそれぞれのルートのポイント地点になっています。

新大阪駅から最寄り駅までの電車での行き方

それでは、オススメのルートをご紹介していきます

◆地下鉄ルート◆
JR新大阪駅中央口(出発地/乗り換え)

⇩ 徒歩5分

大阪市営地下鉄御堂筋線新大阪駅 
「なんば、なかもず」方面行1番線

⇩ 乗車11分

大阪市営地下鉄御堂筋線本町駅(乗り換え)

⇩ 徒歩5分 
⇩ 改札内連絡で乗り換え

大阪市営地下鉄中央線本町駅(乗り換え)
「大阪港、コスモスクエア」方面行

⇩ 乗車15分 
⇩ 料金320円

大阪市営地下鉄コスモスクエア駅(下車)

⇩ 徒歩15分 
⇩ 改札外の案内に従って歩く

インテックス大阪(目的地)

合計運賃:320円
総移動時間:60分

1番ポピュラーで迷わないルートでしょう。
大阪市営地下鉄は本数も多いので便利なのですが、本町駅内での改札内乗り換えに時間がややかかります。

案内表示はあるものの、迷った場合は駅員さんに案内をお願いしましょう。

またコスモスクエア駅からインテックス大阪も距離があるので冬場などは体に負担がかからないように。

◆JRルート◆
JR新大阪駅中央口(出発地/乗り換え)

⇩ 徒歩3分

JR新大阪駅東海道線
「神戸、姫路」方面行15番線

⇩ 乗車3分

JR大阪駅(乗り換え)

⇩ 徒歩2分 
⇩ 改札内連絡で乗り換え

JR大阪駅大阪環状線ホーム(乗り換え)
「内回り、天王寺」方面行1番線

⇩ 乗車8分 
⇩ 料金180円

JR弁天町駅(乗り換え)

⇩ 徒歩5分
⇩ 改札外の案内に従って歩く

大阪市営地下鉄中央線弁天町駅(乗り換え)
「大阪港、コスモスクエア」行2番線

⇩ 乗車9分 料金240円

大阪市営地下鉄中央線コスモスクエア駅(下車)

⇩ 徒歩15分

インテックス大阪(目的地)

合計運賃:420円
総移動時間:70分

新幹線の場合、大阪市区内は乗車できる乗車券をお持ちの場合もあります。
その時はこちらのJRをメインで使うルートのほうが少し節約できます。

まとめ

インテックス大阪は大阪でも端に位置するイベント会場なので慣れるまでは場所を調べるのも大変です。

コスモスクエア駅からの徒歩も遠いので、そこから乗り継いでニュートラムという新交通システムで二駅先の中ふ頭駅まで行くと少し徒歩の距離は短くなります。

ただし交通機関としてはニュートラムは貧弱な輸送量しかないので、大規模なイベントのときはなかなか乗れないという問題があることは覚えておきましょう。
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータがどう処理されているか知りたい方はこちらをお読みください