京都駅から平安神宮にバス、電車、地下鉄でアクセスするルートを紹介します。

深い緑色の瓦屋根に朱塗りの建物が広大な敷地に優雅に立ち並ぶ平安神宮は、建築の歴史は浅いものの京都のシンボルとなっています。

毎年多くの観光客が訪れる人気の場所に足を運び、平安神宮独特の世界を堪能してみてはいかがでしょう。

まずは、出発地の京都駅から、目的地の平安神宮の位置関係を地図で確認しましょう。

地図にある、赤い目印が出発地、緑の目印が目的地、その他の色が、後ほど紹介するそれぞれのルートのポイント地点になっています。

スポンサーリンク

京都駅からバス、電車、地下鉄を利用したアクセス

平安神宮へのアクセスで、使いやすいと思われる3ルートをご紹介します。

◆バス1本ルート◆

JR京都駅烏丸中央口(出発地/乗り換え)

⇩ 徒歩3分

京都駅バスターミナルD1のりば
 ①市営バス100系統「岡崎公園 美術館・平安神宮前」行
 ②市営バス  5系統「岡崎公園 平安神宮、銀閣寺・岩倉操車場」行

⇩ 乗車30分
⇩ 運賃230円

「岡崎公園 美術館・平安神宮前」バス停(下車)

⇩ 徒歩5分

平安神宮(目的地)

合計運賃:230円
総移動時間:40分

京都市営バス100系統は通称洛バスと呼ばれ、ピンクの花が描かれた
ラッピングバスです。外国人向け観光推奨バス路線と位置づけられています。一番わかりやすいおススメルートです。

京都駅前バス停配置図ice_screenshot_20161001-181614

スポンサーリンク

◆地下鉄を乗り継ぐルート◆

JR京都駅(出発地/乗り換え)

⇩ 徒歩5分

市営地下鉄烏丸線京都駅
「国際会館」行

⇩ 乗車5分

市営地下鉄烏丸線烏丸御池駅(乗り換え)

⇩ 徒歩3分

地下鉄東西線烏丸御池駅
「六地蔵」行

⇩ 乗車4分
⇩ 運賃260円

地下鉄東西線東山駅(下車)

⇩ 徒歩10分

平安神宮(目的地)

合計運賃:260円
総移動時間:27分

京都の町屋の通りを抜け、琵琶湖疎水沿いを通ります。京都らしい風景です。町屋が疎水ぎりぎりに立ち並び、夏の暑い時でも涼しさを感じることができます。

◆JRと地下鉄を乗り継ぐルート◆

JR京都駅(出発地/乗り換え)

⇩ 徒歩5分

JR京都線・琵琶湖線
「野洲」行

⇩ 乗車5分
⇩ 運賃190円

山科駅下車(乗り換え)

⇩ 徒歩4分

京都市営地下鉄東西線山科駅
「太秦天神川」行

⇩ 乗車7分
⇩ 運賃260円

東山駅(下車)

⇩ 徒歩10分

平安神宮(目的地)

合計運賃:450円
総移動時間:31分

遠回りなルートですが、渋滞知らずの電車しか使わないので、バスが渋滞する観光シーズンには是非知っておきたいルートです。
その代わり、運賃はバスだけルートの2倍ほどになります。
1日乗車券を持っていても、JR線では使えないので要注意ですね。

まとめ

平安神宮へのアクセスは、バスでのアクセスの良さだけでなく、電車の最寄り駅も徒歩10分程の近さにあり、電車でもアクセスが良いです。
京都の観光地の道中は込み合うイメージがありますが、平安神宮はバス、電車のアクセスの良さから行きやすい場所ではないでしょうか。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です