[記事公開日]2016/10/13
[最終更新日]2017/05/21

京都駅から清水寺にバス、地下鉄、電車を使ってアクセスするルートについて、画像をたっぷり使って紹介します。

「清水の舞台から飛び降りる」という例えでも登場する本堂が有名な清水寺。

京都観光と言えばこの清水寺の本堂の景色を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

世界文化遺産に登録されているこの清水寺の景色を一目見ようと、国内外からたくさんの観光客がひっきりなしに訪れ、常に賑わいを見せる定番観光スポットであります。

しかし海外や遠方から訪れる方からは、沢山のバスや電車が走る街に戸惑う声も多く聞かれます。そうならないため、以下からアクセス方法をしっかり予習しておきましょう。

まずは、出発地の京都駅から、目的地の清水寺の位置関係を地図で確認しましょう。

地図にある、赤い目印が出発地、緑の目印が目的地、その他の色が、後ほど紹介するそれぞれのルートのポイント地点になっています。

スポンサーリンク

京都駅からバス、地下鉄、電車を使ったアクセス方法

◆バス1本ルート◆
JR京都駅(出発地/乗り換え)

⇩ 徒歩2分

①京都駅バスターミナルD1のりば
市営バス100「清水寺・祇園・銀閣寺」行

②京都駅バスターミナルD2のりば
市営バス206「東山通・北大路バスターミナル」行

⇩ 乗車11分
⇩ 230円

「五条坂」バス停(下車)
又は
「清水道」バス停(下車)

⇩ 徒歩13分

清水寺(目的地)

合計運賃:230円
総移動時間:26分

京都駅前から乗れるバスはとても便利です。1時間当たりの発車本数も十数本あり、待ち時間もほどんどありません。

乗り換えが無く1本で行けるので、一度乗ってしまえば、車内ではゆっくりくつろげますね。

◆電車とバスを乗り継ぐルート◆
JR京都駅(出発地)
JR奈良線
「奈良」行、「宇治」行、「城陽」行のいずれか

⇩ 乗車2分

東福寺駅(乗り換え)

⇩

京阪本線準急東福寺駅

⇩ 乗車4分
⇩ 270円

清水五条駅(乗り換え)

⇩ 徒歩2分

「五条京阪」バス停
京阪バス84号「四条河原町」行

⇩ 乗車2分
⇩ 230円

「五条坂」バス停(下車)
又は
「清水道」バス停(下車)

⇩ 徒歩13分

清水寺(目的地)

合計運賃:500円
総移動時間:23分

乗り換えが多いので、待ち時間が+αかかります。
清水五条駅から歩くのも良いかもしれません。

距離が1.8kmあり、歩くと25分かかりますが、もともと、最寄りの五条坂バス停から清水寺まで13分かかるので、 追加で歩く時間は、12分です。
京都の街をぶらり、散歩しながら行くのも良いですね。

◆地下鉄とバスを乗り継ぐルート◆
JR京都駅(出発地/乗り換え)

⇩ 徒歩5分

京都市営烏丸線京都駅
「竹田」行

⇩ 乗車1分
⇩ 210円

九条駅(乗り換え)

⇩ 徒歩2分

「大石橋」バス停
京都市営バス207「九条車庫前」行

⇩ 乗車12分
⇩ 230円

「五条坂」バス停(下車)
又は
「清水道」バス停(下車)

⇩ 徒歩13分

清水寺(目的地)

合計運賃:440円
総移動時間:33分

乗り換えのバスも10分に1本程度で運行しているので、待ち時間はあまり発生しないでしょう。
地下鉄とバスに乗るので、料金が高くなるのが気になりますが、地下鉄や市バスなどが乗り放題になる「京都観光乗車券」を持っていれば、選択肢の一つですね。

まとめ

京都駅から清水寺へのアクセス方法を3パターン紹介してきましたが、どのルートでも30分前後での到着が見込まれます。

「五条坂」や「清水道」のバス停からは、お土産屋さんやお食事処、その他京都を味わえるお店が軒を連ね、清水寺までの徒歩の道中にも楽しめるスポットが沢山ありますよ。

最後に紹介した「地下鉄とバスを乗り継ぐルート」で登場した「京都観光乗車券」とは、1日1200円で市バス・京都バス・地下鉄が乗り放題になるお得なチケットです。(優待特典が付いたガイドマップも付いてきます。)

JR線で使用できないのが少しネックですが、バスと地下鉄が多く走る京都で、1日に沢山の観光予定を組まれている方でしたら持っていて損は無いのかもしれませんね。

季節ごとに違った顔を見せる本堂からの景色は、何度訪れても新鮮であること間違いなしです。是非、旅行計画に合ったアクセス方法を見つけ、快適な京都観光にしましょう。

スポンサーリンク

京都駅からバス乗り場への行き方

清水寺に行くバスのバス乗り場は、JR京都駅の中央改札口から出たところの正面にある、「D1」または「D2」のりばです。

画像のような感じで、天井からバスの行き先がわかる看板が垂れ下がっているので、注意してみておくと良いでしょう。

京都駅、中央口、バス乗り場

京都駅、中央口、バス乗り場

とは言え、京都駅前のバスターミナルは巨大すぎるので、ちょっと迷うかもしれません。

バス乗り場までの行き方は、こちらで詳しく紹介しています。
参考にしてみてください。

京都駅で市バスに乗り換え|すぐに分かる!バス乗り場の画像

◆バス1本ルート◆へ戻る

九条駅から大石橋バス停までの徒歩

京都、地下鉄、烏丸線、九条駅、乗り場

地下鉄烏丸線の九条駅に到着したら、
京都、地下鉄、烏丸線、九条駅、ホーム

市バスの「大石橋」バス停に徒歩で乗り換えをします。
ホームの階段を上り、
京都、地下鉄、烏丸線、九条駅、ホーム

改札を出ましょう。
京都、地下鉄、烏丸線、九条駅

改札をでたら、出口が4箇所あるので、その中の「出口1」から地上に上がります。
京都、地下鉄、烏丸線、九条駅

ここで、出口1から大石橋バス停までのルートを地図で確認しておきます。
下の画像中の指矢印2箇所が出口1とバス停を指しています。

交差点を左に曲がったところが、これから歩いて向かうバス停です。
すぐ近くにあります。
京都、地下鉄、烏丸線、九条駅、周辺地図

では、ルート案内に戻ります。

出口1の階段を上ったら、左方向に進みましょう。
京都、地下鉄、烏丸線、九条駅、乗り場

すぐそこが交差点なので、左に曲がります。
横断歩道は、渡りません。
京都、地下鉄、烏丸線、九条駅、バス停、乗り場

左に曲がったところの画像です。
指矢印のところに大石橋のバス停が見えています。
京都、市バス、大石橋バス停

大石橋バス停に到着です。
京都、市バス、大石橋バス停

◆地下鉄とバスを乗り継ぐルート◆へ戻る

最寄りのバス停から清水寺までの徒歩

清水寺周辺の最寄りのバス停には、「五条坂」と「清水道」があります。
どっちで降りればいいの?と疑問に思われる人も多いのではないかと思いますが、
実はどちらも正解なのです。

もう少し具体的に言うと、清水寺にいくルートは大きく3つあります。

五条坂バス停で下りた場合には、2つのルートから行くのに近くなります。
2つのルートというのは、「五条坂」と「茶わん坂」という坂を通るルートです。

清水道バス停で下りた場合には、残り1つのルートから行くのが近くなります。
残り1つのルートというのは、「清水坂」という坂を通るルートです。
google mapでは「松原通」と言う名称になっています。

それでは、3つのルートを画像を見ながら通っていきましょう。

スポンサーリンク

茶わん坂ルート

茶わん坂ルートの全体図です。
最初は五条坂ルートと同じ道を通り、途中から分岐した道を通るルートです。
京都、清水寺、茶わん坂

「五条坂」のバス停でバスを降りたら、南に進みましょう。
京都、清水寺、五条坂、バス停

南に少し歩くと、交差点があり、電柱などに「清水寺」の案内看板が張り付いています。
京都、清水寺、五条坂

五条坂入り口には、「五条坂」と大きく書かれた看板もあります。
見落とさないように注意して歩きましょう。
京都、清水寺、五条坂

軽い上り坂ですが、息が切れるほとでは無いでしょう。
道が狭いので、上から降りれくる人とすれ違いが大変です。
譲り合いの精神で歩きましょう。
京都、清水寺、五条坂

しばらく歩くと、五条坂と茶わん坂の分岐点に差し掛かります。
茶わん坂は、右方向です。
京都、清水寺、茶わん坂

案内石にもちゃんと分かるように書かれていますね。
京都、清水寺、茶わん坂

茶わん坂は、途中お店も少ないせいか人通りがまばらなルートです。
京都、清水寺、茶わん坂

邪念を捨て、清水寺に行くことに集中したい人にはオススメのルートです。
京都、清水寺、茶わん坂

階段を上ると、
京都、清水寺、茶わん坂

清水寺入り口に到着します。
京都、清水寺、入り口

スポンサーリンク

五条坂ルート

五条坂ルートの全体図です。
坂の上り初めで、茶わん坂との分岐があり、後半には、清水坂との合流がある、3つの坂とつながりがあるルートです。
京都、清水寺、五条坂

五条坂ルートは、先程の茶わん坂の分岐点を右に曲がらず真っ直ぐ行きます。
京都、清水寺、五条坂

道端にあるお店を見ながら坂を上ります。
京都、清水寺、五条坂

もう少しで、清水坂と合流です。
京都、清水寺、五条坂

合流後は、おみやげ屋さんの数が一気に増えて、とても賑やかで人通りの多い道に変身します。
京都、清水寺、五条坂

坂を見下ろした画像です。
賑やかさが伝わってきますね。
京都、清水寺、五条坂

清水寺には、まだまだ上っていきましょう。
京都、清水寺、五条坂

階段を上ると、清水寺の入り口に到着です。
京都、清水寺、入り口

スポンサーリンク

清水坂ルート

清水坂ルートの全体図です。
画像中矢印の部分ですね。
京都、清水寺、清水坂

「清水道」バス停を下りたら、南に進みましょう。
京都、清水寺、清水道、バス停

小さな「清水寺」への案内看板があります。
見落とし厳禁です。
京都、清水寺、清水坂

拡大するとこんな感じです。
京都、清水寺、清水坂

大通りの反対側のバス停で降りた人は、こんな感じの見え方です。
京都、清水寺、清水坂

坂を上っていきましょう。
京都、清水寺、清水坂

こちらのルートは、歩道がないので、人と車が一体になった感じでちょっとヒヤヒヤしてしまいます。
でも、多くの人が利用している印象を受けます。
京都、清水寺、清水坂

この先で、五条坂ルートと合流です。
京都、清水寺、清水坂

後は、五条坂ルートと同じです。
京都、清水寺、五条坂

おみやげ屋さんを見ているうちに、あっという間に清水寺に着いてしまうと言った感じでしょう。
京都、清水寺、五条坂

階段を上ると、清水寺の入り口に到着です。
京都、清水寺、入り口

通りたいルートにあわせて、降りるバス停を決めてしまいましょう!

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータがどう処理されているか知りたい方はこちらをお読みください