京都駅から嵐山(渡月橋)に電車とバスを使ってアクセスするルートを紹介します。

嵐山は京都を訪れる観光客に最も人気のある場所で、特に春の桜と秋の紅葉のシーズンには多くの人で賑わいを見せています。

県外から訪れる人も多いせいか、公共交通機関を利用するときに乗り場や方向が分かりにくいと言った感想も多く出ているようです。

楽しい旅にするためにも、迷うことなく嵐山に到着できるよう、事前に行き方をしっかりと確認しておきましょう。

まずは、出発地の京都駅から、目的地の嵐山の位置関係を地図で確認しましょう。

地図にある、赤い目印が出発地、緑の目印が目的地、その他の色が、後ほど紹介するそれぞれのルートのポイント地点になっています。

スポンサーリンク

京都駅から電車とバスを使ったアクセス方法

京都駅から嵐山への行き方は、バスや電車を利用しますが、どちらを選択しても、乗り換えなしの1本ルートになります。

ポイントは、ちょっとでも安く行くのか?早く行くのか?どちらかの選択になりそうです。

◆京都バス1本ルート◆

JR京都駅烏丸口(出発地/乗り換え)

⇩ 徒歩5分

京都駅バスターミナルC6のりば
 ①京都バス72「嵐山・清滝」行
 ②京都バス73「嵐山・苔寺・すず虫寺」行

⇩ 乗車50分
⇩ 230円
 
京福嵐山駅前バス停(下車)

⇩ 徒歩5分

渡月橋(目的地)

合計運賃:230円/総移動時間:60分

京都市内には、市営バスと京都バスが路線バスを運行しています。
京都バスは株式会社なのですが、「市バス・京都バス一日乗車券カード」が市営バスと同じように使えるので便利です。

次に紹介する市バスとは、名前が違うくらいでしょうか!

乗車時間はおよそ50分と長いですね。京都駅からの距離が12kmなので、時速15kmのぶらり旅になります。

京都駅前のバス停配置図
ice_screenshot_20161001-181614
◆市営バス1本ルート◆

JR京都駅烏丸口(出発地/乗り換え)

⇩ 徒歩5分

京都駅バスターミナルD3のりば
 京都市営バス28系統「嵐山」行

⇩ 乗車50分
⇩ 230円

嵐山天龍寺前バス停(下車)

⇩ 徒歩5分

渡月橋(目的地)

合計運賃:230円/総移動時間:60分

市営バスも基本的に先ほどの京都バスと変わりません。乗車時間は長いですが、バス停についてから渡月橋まで近いのはメリットでしょう。

◆JRと徒歩で行くルート◆

JR嵯峨野線京都駅(出発地)

⇩ 乗車16分
⇩ 240円

嵯峨嵐山駅(下車)

⇩ 出入口1
⇩ 徒歩12分

渡月橋(目的地)

合計運賃:240円/総移動時間:28分

バスに比べると、移動時間は断然、電車の方が早いですね。駅から徒歩12分と長いのが気になりますが、道中は、お土産屋さんや食べ物屋さんを楽しみながら歩くことができるので、あまり遠さは感じないかもしれません。

スポンサーリンク

まとめ

京都駅から嵐山(渡月橋)へのアクセス方法を合計3つ紹介してきましたが、料金の面から見るとバスのほうが10円安く済ませられる分、所要時間の面ではバスの長い乗車時間が必要になります。

電車を使えば乗車時間は16分と短いものの、嵯峨嵐山駅からの長い徒歩が伴います。
それぞれにメリットとデメリットのあるアクセス方法ですが、それを季節やお天気によって使い分けるというのも手かもしれません。

例えば暑い夏や寒い冬、また雨の日には快適なバスの車内で移り行く京都の景色を見ながらのんびり、また春や秋など、風が心地よく外に出やすい季節や晴れの日には電車で向かい、自らの足で、肌で、空気を感じながら渡月橋まで歩く。

スポンサーリンク

目的地までの道中も一緒に楽しみながら、余裕のある旅ができると素敵ですね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータがどう処理されているか知りたい方はこちらをお読みください