[記事公開日]2016/10/08

京都駅から銀閣寺までの電車とバスを使ったアクセス方法について紹介していきます。

室町時代後期に栄えた東山文化を代表する建築と庭園を有する銀閣寺は、古都京都の文化財の一部として世界遺産に登録されています。

国内外から、年間500万人を越える観光客が訪れている京都の人気観光スポットなのです。

京都観光では是非訪れてみたい場所ですね。

まずは、出発地の京都駅から、目的地の銀閣寺の位置関係を地図で確認しましょう。

地図にある、赤い目印が出発地、緑の目印が目的地、その他の色がそれぞれのルートのポイント地点になっています。

バスと電車を効率よく使って銀閣寺まで行ってみましょう。

スポンサーリンク

京都駅から電車とバスを使ったアクセス方法

それでは、おすすめのアクセス方法を見ていきましょう。

◆バス1本ルート◆

 JR京都駅烏丸口(出発地/乗り換え)

⇒①京都駅バスターミナルA1のりば(徒歩5分)
  京都市営バス「銀閣寺」行(8駅)

 ②京都駅バスターミナルA2のりば
   京都市営バス17「銀閣寺」行(11駅)

 ③京都駅バスターミナルD1のりば
  京都市営バス100「銀閣寺」行(12駅)

⇒銀閣寺道バス停(下車/230円/乗車35分) 

⇒銀閣寺(目的地/徒歩8分)

合計運賃:230円/総移動時間:48分

乗り換えがないのと、料金も安いのがいいですね。

京都駅前バスターミナル配置図
ice_screenshot_20161001-181614

◆電車+バスルート◆

 JR京都駅(出発地/乗り換え)

⇒地下鉄烏丸線京都駅(徒歩5分)
 「国際会館」行
 
⇒今出川駅(乗り換え/260円/乗車9分) 

⇒烏丸今出川バス停(徒歩4分)
 ①京都市営バス102「銀閣寺」行
 ②京都市営バス203「銀閣寺」行

⇒銀閣寺道バス停(下車/230円/乗車11分)

⇒銀閣寺(目的地/徒歩8分)

合計運賃:490円/総移動時間:37分

乗り換えがあり、料金も高いです。
でも、電車を利用する部分は、予定時間とおりに移動できるところがいいですね。

スポンサーリンク

まとめ

京都はとにかく渋滞します。特に桜や紅葉のシーズンは、バスの時刻表がまったくあてにならないほど。

特に、JR京都駅前の渋滞には辟易してしまいます。

なので、観光シーズンにおすすめなのは「電車+バスルート」の行き方ですね。

地下鉄なら渋滞の心配をする必要はありませんし、烏丸今出川から銀閣寺前までは今出川通りという大通りをまっすぐ走るので、ほとんど交通渋滞もありません。

料金が心配でしたら、バスにも地下鉄にも乗れる、お得な一日乗車券を利用されるのをおすすめします。

観光で便利なのは特に2種類あります。

市バス・京都バス一日乗車券カード:500円で市バス・京都バスともに利用でき、京都市内のほとんどの路線に乗車できます。

バスの料金は230円と細かいので現金払いだとつねに小銭の用意が必要ですが、カードなら1回買ってしまえばそんな心配もいりません。

京都観光一日乗車券:1,200円で市バス全線、京都市営地下鉄全線、さらに京都バスのほとんどの路線に乗車できます。

タイトなスケジュールを組んでいるときは地下鉄が非常に活躍しますので、こちらの乗車券もおすすめです。

スポンサーリンク

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータがどう処理されているか知りたい方はこちらをお読みください