[記事公開日]2016/10/01
[最終更新日]2017/05/07

新幹線豊橋駅から在来線の名古屋鉄道(名鉄)豊橋駅までの乗り換え方法について、画像を使って分かりやすく案内をします。

豊橋駅はJRと名鉄の共同使用駅なので、同じ構内にJRと名鉄が共存しています。

なので、乗り換えはホームを渡る程度で済むため、乗り換えに十数分もかかってしまうということはないので安心してください。

このページでは、新幹線から名鉄の乗り換えを主に紹介していますが、乗り換えの途中にJR在来線ホームも通過するので、JR在来線から名鉄への乗り換えの参考にもなると思います。

乗り換えをスムーズにするためにも事前に画像で確認してイメージを持って貰えれば良いと思います。

img_2245

まずは、豊橋駅の構内図を確認してみましょう。

スポンサーリンク

豊橋駅の構内図と行き方

名鉄豊橋駅は、JR豊橋駅と同じ構内にあることがわかりますね。

3番線が名鉄豊橋駅です。今回の目的地です。

ice_screenshot_20161001-013110

構内図の下の方、水色のエリアが、出発地点、新幹線のホームを示しています。
11番線から13番線のところです。

出発地点から目的地点までの、赤ピンが立っているところが、乗り換えるルートになります。

連絡通路はホームの上を通っているので、ホームから階段を上ることになります。

途中通過する、4番線から8番線がJR在来線のホームです。

その向こうが名鉄豊橋駅のホームですね。

乗り換えの所要時間は5分程度でしょう。

スポンサーリンク

新幹線豊橋駅から名鉄に乗り換える

先ほど紹介したルートを辿って、実際に新幹線ホームから名鉄豊橋駅まで行ってみましょう。

新幹線豊橋駅⇒名古屋鉄道の乗り換え

新幹線で豊橋駅を降りたら、最寄りのエスカレータを上りましょう。

エスカレータを上ったところに名鉄線のりかえの看板があります。

矢印の方向に進みます。

img_2246矢印の方向に進むと、左側に新幹線改札口がありますが、この改札からは出ては行けません。

改札ではなく、のりかえ口を探します。

のりかえ口は吹き出しの方向にあります。

img_2251吹き出しに向かって進むと、のりかえ口が見えてきます。

画像の吹き出しのところにも、しっかり名鉄線のりかえ口と書いてありますね。

img_2253

途中の看板も確認しながら、真っすぐ進みます。

通路は若干下り坂になっていますよ。

img_2257この下り坂を下りきると、在来線の連絡通路と合流します。

3番線が名鉄線ですね。3番線を目指して行きましょう!

画像には写っていませんが、途中名鉄線、JR線の改札口を通過して、画面左側、吹き出しの方向に階段を下っていきます。

img_2261
左に行ったところの画像です。

階段を降りて、まっすぐです。

img_2265階段を降りると、3番線が目の前にあります。

下の画像写っているのは、改札ではないので通過はできますが、名鉄のきっぷを持っていない場合は、画像左側にあるきっぷうりばできっぷを購入することが出来ます。
img_2268

3番ホームに到着です。img_2270JRと共同使用のはずなのに、駅名看板はJR調ですね。

でも、駅番ロゴは名鉄になっています。img_2272駅名看板はJRと区別がつきにくく少々紛らわしいかもしれませんが、途中の案内看板にはしっかりと名鉄線が表記されているので乗り換えも分かりやすいのではないでしょうか。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータがどう処理されているか知りたい方はこちらをお読みください